複雑な土地や不動産相続のことならこのサイト!

カテゴリー:贈与税

暦年贈与は廃止される?注意するべき点とは?

暦年贈与は、年間110万円以下の贈与が非課税になるという制度ですが、税制の改正で暦年贈与の制度が見直され、廃止される可能性があると言われていますよ。

詳細を見る

贈与税、申告しなかったらバレる?

現金で手渡す贈与はバレないのではないかと考えている方も多いかもしれませんが、贈与税は税務署に申告する必要があり、もし申告しないで贈与が行われた場合はバレると言われていますよ。

詳細を見る

贈与税がかかる場合、かからない場合

家族間のやりとりだと、ちょっとしたことなら贈与税などかからないと思ってしまう場合がありますが、そのやりとりの内容によっては贈与税がかかってしまう場合もあります。

詳細を見る

定期贈与だとみなされたくないなら?

基礎控除の110万円を毎年贈与する生前贈与は相続税対策としてオススメですが、定期贈与とみなされたら贈与税が課せられる事になりますので注意しましょう。

詳細を見る

相続の相談はどの士業にするべき?

専門家に相続の相談をするときに真っ先に思い浮かぶのが、税理士への相談だと思います。 実際はどの専門家がいいというのは一概に言えません。これは現在置かれている状況や悩みによって最適な専門家が変わってくるからです。

詳細を見る

生前贈与にもメリットとデメリットがある?

相続対策として生前贈与を考えている方も多いかもしれませんが、生前贈与にはメリットとデメリットがありますのでご紹介いたします。

詳細を見る

生前贈与は110万円までが良い?

生前贈与をするなら贈与税は年間で110万円までが非課税になるので、111万円をあえて贈与して贈与税を申告して納税するという相続対策の方法があるそうですが、間違ったやり方もありますので注意が必要なのです。

詳細を見る

相続税の対策をするメリットとは?

相続税の対策として、墓や仏壇の生前購入を考えているのであれば、注意するべき事がありますのでご紹介いたします。

詳細を見る

贈与税、配偶者控除で注意するべき点とは?

贈与税では配偶者控除という制度がありますが、これを利用する際には注意するべき事があるのだそうです。

詳細を見る

贈与契約書を作成する方が良い?

贈与では非課税枠を超えていない場合には贈与税の申告は必要ありませんが、贈与を行うのであれば、贈与契約書を作成しておくと良いのだそうです。

詳細を見る

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る