複雑な土地や不動産相続のことならこのサイト!

未成年者の相続はどうなる?

相続人に未成年者が対象となることは珍しくありません。未成年だから相続人にはならないということはありませんが、財産管理が難しいことや財産に関わる法律行為を行うことができないため、未成年者が相続人の場合は法定代理人を立てて手続きを行う必要があります。
この法定代理人とは基本的に親権者が該当します。

しかし、親権者も相続人になっている場合は法律上親が法定代理人になることができません。
例えば未成年者の母親が亡くなった場合、父親である夫も相続人となるため未成年者の法定代理人として手続きすることはできないということです。
このように相続人に親権者が含まれてしまう場合には、親以外の特別代理人を選ぶ必要があります。
特別代理人はもちろん相続に関係のない人が行う必要があり、相続に含まれない親族に頼むのも一つの方法です。しかし親族に頼むとトラブルが起こるリスクも高いので、一般的に弁護士などの専門家を特別代理人として選ぶのがおすすめされています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る