複雑な土地や不動産相続のことならこのサイト!

認知症になってしまった際の相続問題について

身近な方が認知症にあってしまった際に相続の問題にどう対処していくかということを解説されています。

高齢者や障害者などの財産管理や生活支援をするための制度として成年後見制度があります。認知症や精神障害等で本人の判断能力が低下してしまった際には本人に代わって財産管理や生活支援をする後見人を選ぶ制度があります。

このような場合には法定後見を使用するのが良い思います。判断能力が不十分な人がいる場合には家族等が家庭裁判所に審判を立て後見人が決定されます。
後見人は本人に代わって、財産の管理や法律行為などをおこなうが、相続税対策のための贈与や借り入れ投機的な運用等をおこなうことができません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る