複雑な土地や不動産相続のことならこのサイト!

相続で揉めやすい家族にはどんな特徴があるのか?

相続で揉めやすい家族には特徴がありますので、自分の家族が当てはまるか確認しておくと良いでしょう。

相続人である家族同士の仲が悪いと、遺産分割会議で主張が対立し揉める可能性が高いので注意が必要ですよ。

不動産や土地など金融資産以外の財産が多いと、相続分割がスムーズに進まない事が考えられるのです。

相続人の一人が高額な生前贈与を受け取っていたり、遺言書で一人の相続人が高額の贈与を貰う事になっていたり、遺言書の内容が不公平だと他の相続人が不満を持つ事になるでしょう。

再婚などによって家族構成が複雑だったり、内縁の配偶者や隠し子など想定外の相続人が登場すると、相続で揉めやすいですよ。

被相続人である故人に問題がある場合、遺言書を適当に書いていたり、何の対策も実施していないと相続人同士で揉めやすいため、事前の対策が必要なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る