複雑な土地や不動産相続のことならこのサイト!

生前贈与にもメリットとデメリットがある?

相続対策として生前贈与を考えている方も多いかもしれませんが、生前贈与にはメリットとデメリットがありますのでご紹介いたします。

生前贈与を行うデメリットは贈与税がかかるという事ですが、贈与税は税金の中でも最も税率が高いという特徴があり、例えば5百万円の贈与を行うと48万5千円の贈与税がかかるという事なのです。

贈与税を納税する事によって、相続税の負担を軽減できる可能性もあるのです。

また、相続が発生して3年以内に行われた贈与があるなら、それは相続財産として計算される事になりますので注意しましょう。

贈与税と相続税の二重課税を防ぐために、贈与税は177万円が相続の時に考慮されると言われていますよ。

相続税の対策で生前贈与を行うなら、後回しにせずに早めに相続税対策をしておくと良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る