複雑な土地や不動産相続のことならこのサイト!

海外にある不動産の相続の注意点

亡くなった人も相続人も日本国籍で国内に住んでいるものの、海外にある不動産を相続することになったというときは少し厄介です。
その理由はその不動産がある国によって日本の法律が適用されるか、その国の法律が適用されるかが変わってきます。例えばアメリカやイギリス、中国などにある不動産の場合はそれぞれの国の法律が適用されます。

不動産の所在地の法律が適用される場合、相続手続きもかなり複雑なものになります。どの国の法律が適用されるのか、手続きはどうするのか相続人だけでは対応しきれないので弁護士に対応を依頼するのがおすすめです。
特に国を跨いだ相続となるため、場合によっては現地の弁護士などの専門家の協力が必要なことも珍しくありません。そのため弁護士に依頼する際は国際相続に慣れている弁護士を探しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る