複雑な土地や不動産相続のことならこのサイト!

贈与の解釈には2種類ある?

相続対策を行って、スムーズに贈与をするためには、相続税率についても理解していると便利ですから、今回は2種類の贈与の解釈についてご紹介いたします。

贈与には定期贈与と連年贈与があり、定期贈与は高額な金額を贈与するために、分割して数年間に続けて贈与を行うということです。

連年贈与とは、ある金額の贈与を数年間続けた結果、高額な贈与額になったという方法です。

これらは贈与の過程は同じではありますが、高額な財産を贈与するために一定の金額を数年間払い続けたという意味になるなら定期贈与になりますよ。

一定金額の贈与を数年間続けていたら、高額な財産を贈与したことになっていたという意味なら連年贈与になるのです。

どちらも似ているため、知ったところで意味があるのかと感じるかもしれませんが、贈与を考えているなら理解しておくことが大切ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る