複雑な土地や不動産相続のことならこのサイト!

不動産を売却後、現金はどうするのか

都心部では収益不動産は完全な売り手市場となっており、買い時ではなく売り時となっています。首都圏では団塊ジュニア世代が50誌アを超えますので、2025年以降住宅需要は大きく落ち込むといわれ、地方と同様に土地余り、家余りが顕著になってきますので、首都圏内でも郊外から不動産価格の下落が顕著になってくるのではないかといわれています。

不動産市況が良い今の時期で売却をすることが好ましく、不動産を現金化し、財産のポートフォリオの再構築をおこなっていくチャンスとなっています。

現金の使途は現金でチャンスまで保有しておくか、金融商品での利用など用途によって変わってきそうですが、人によってはそのまま保有ということもありなようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る