複雑な土地や不動産相続のことならこのサイト!

定期贈与だとみなされたくないなら?

基礎控除の110万円を毎年贈与する生前贈与は相続税対策としてオススメですが、定期贈与とみなされたら贈与税が課せられる事になりますので注意しましょう。

詳細を見る

不動産を相続したらまずどうする?

土地や家などの不動産を相続した場合、まずは相続人の人数などを確認して手続きを始めましょう。 例えば相続人が自分だけの場合が一番シンプルで、特別何か手続きをする必要はありません。相続人が一人しかいない場合は「単身相続人」と呼びます。

詳細を見る

海外にある不動産の相続の注意点

亡くなった人も相続人も日本国籍で国内に住んでいるものの、海外にある不動産を相続することになったというときは少し厄介です。 その理由はその不動産がある国によって日本の法律が適用されるか、その国の法律が適用されるかが変わってきます。

詳細を見る

未成年者の相続はどうなる?

相続人に未成年者が対象となることは珍しくありません。

詳細を見る

不動産の相続はトラブルのもと!?

相続にはトラブルがつきものですが、特にトラブルが起こりやすいのが不動産関係の相続です。 土地や建物というような不動産は分けることが難しいです。不動産の評価額はどうなるのか、誰が相続するのかなど、不動産特有のトラブルが起こります。

詳細を見る

相続の相談はどの士業にするべき?

専門家に相続の相談をするときに真っ先に思い浮かぶのが、税理士への相談だと思います。 実際はどの専門家がいいというのは一概に言えません。これは現在置かれている状況や悩みによって最適な専門家が変わってくるからです。

詳細を見る

認知症になる前に、やっておくべき相続対策!

相続税の対策を考えているなら、認知症になる前に対策する事が大切ですよ。 一次相続は親が亡くなった時の相続の事ですが、二次相続は子が親を残して亡くなった場合の相続であり、どちらも手続きが大変なのです。

詳細を見る

生前贈与にもメリットとデメリットがある?

相続対策として生前贈与を考えている方も多いかもしれませんが、生前贈与にはメリットとデメリットがありますのでご紹介いたします。

詳細を見る

生前贈与は110万円までが良い?

生前贈与をするなら贈与税は年間で110万円までが非課税になるので、111万円をあえて贈与して贈与税を申告して納税するという相続対策の方法があるそうですが、間違ったやり方もありますので注意が必要なのです。

詳細を見る

相続税の対策をするメリットとは?

相続税の対策として、墓や仏壇の生前購入を考えているのであれば、注意するべき事がありますのでご紹介いたします。

詳細を見る

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る